トナミ運輸グループの総合商社
 

使用済みパソコンからのデータ漏洩を防止


パソコンのリプレース時などに伴い発生する、ハードディスク内のデータ消去作業を、お客様に代わって行うサービスです。
データ消去サービス メニュー

1.標準(乱数を1回書き込み)方式
HDD全領域に、ランダムデータ(乱数)を1回書き込みます。

弊社基本サービスにつき 無料


2.NSA(米国家安全保障局)推奨方式
ランダムデータ(1)−ランダムデータ(2)−"00" の順に、HDD全領域に3回書き込みます。
No 受注ロット数 HDDの容量
8.4G未満 8.4G〜20G未満 20G〜80G迄
1 10台以下【一括料金】 一律\20,000 一律\21,500 一律\26,500
2 11台〜20台【1台あたり】 \1,400 \1,550 \1,900
3 21台〜30台【1台あたり】 \1,350 \1,500 \1,850
4 31台〜50台【1台あたり】 \1,300 \1,450 \1,800
5 51台〜100台【1台あたり】 \1,250 \1,400 \1,750
6 101台〜500台【1台あたり】 \1,200 \1,350 \1,700
7 501台以上 別途お見積

3.NATO標準(NATO規格)方式
"00"−"FF"−"00"−"FF"−"00"−"FF"−指定データ の順に、HDD全領域に7回書き込みます。
No 受注ロット数 HDDの容量
8.4G未満 8.4G〜20G未満 20G〜80G迄
1 10台以下【一括料金】 一律\32,000 一律\37,000 一律\42,000
2 11台〜20台【1台あたり】 \2,400 \2,900 \3,400
3 21台〜30台【1台あたり】 \2,300 \2,800 \3,300
4 31台〜50台【1台あたり】 \2,200 \2,700 \3,200
5 51台〜100台【1台あたり】 \2,100 \2,600 \3,100
6 101台〜500台【1台あたり】 \2,000 \2,500 \3,000
7 501台以上 別途お見積

★データ消去サービスとは★
不要となったパソコンを処分する時に気をつけなければならないのが、ハードディスクに記録された機密情報の取り扱いです。

業務などで日頃利用されているパソコンのハードディスクの中には、会社内の極秘データから重要な個人情報まで、さまざまな機密情報が記録されています。これらのデータは、ディスクを初期化するなどの作業だけでは完全消去されることがなく、特定のソフトウェアなどで読み取られる可能性が残ります。

弊社では、パソコンのリプレース、処分時に、安心してリユースへの展開ができる「データ消去サービス」を提供しています。

専用ソフトを利用して、ハードディスクの全領域に意味の無いデータ("00"・"FF"・乱数等)の書き込みを数回繰り返す事により、データの復元が行えないようにします。

★重要ポイント★
消したつもりのデータが復活?
ハードディスク内に書き込まれたデータを消去するというのは、それほど簡単ではありません。

下記のような消去方法では、何れも、ハードディスク内の管理情報が変更されるだけで、実データはそのまま残っています。

・OSの操作でファイルをゴミ箱に捨てる
・OSの操作で「ゴミ箱を空にする」を行う
・ハードディスクにフォーマットを行う
・FDISK等でパーティションを変更する

■セキュリティについてのQ&A

弊社では、消去データの重要度、消去に掛かる時間・工数等を考慮して戴いた上でお選びいただき、お客様のご負担を軽減させていただく様、データ消去サービス・メニューを取り揃えております


■参考ページ
パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関するガイドライン(JEITA:社団法人 電子情報技術産業協会)

Copyright(C)2005 tonami-shoji,Inc. All Rights Reserved.